法律の専門家である弁護士がササッと解決|あなたの悩みを取り除く

弁護士

相談する事が大切

これまでの株式会社設立は、司法書士に依頼する必要がありました。また、司法書士に依頼するだけではなく、関連する書類を様々用意する必要がありました。これらを紙ベースで準備しなければならないので、非常に多くの手間がかかっていたのです。商業登記法には、株式会社設立をする際に必要な種類が明記されています。これらの書類に不備がないことがわかって初めて、設立の手続きが完了します。したがって、少しでも書類に不備があるようでは法務局が申請者に対し修正を依頼してきます。この修正対応にも手間がかかっていました。最近では、電子的に申請することが可能となっています。しかし、手続きは簡単なものではないのであまり普及ていしないので、今後の整備に期待が寄せられています。

株式会社設立に関する手続きをどのように行えばよいのかという点について、会社設立の関連法令である商業登記法に明記されています。一般的には、商業東京はよく知られている法律ではありません。例えば、民放等は生活に密着した法律であるために多少の知識を持っている人は多いものです。しかしながら、正行と今日は会社を設立する際に最も利用される法律です。ですから、会社設立に関係しない人には知られていないのです。株式会社設立を行う際には、商業登記法の中の株式会社設立の項目をよく熟読してください。もし、商業登記法の該当項目を見てもよくわからない場合には、会社法の専門家である司法書士や弁護士に相談するようにしてください。